どうして男がカンジダ症になってしまうの?その原因をご紹介

男性がカンジダ症になるという症例は、昔からたくさん報告されています。
「女性とセックスした後に、カンジダ症になってしまった」という方は少なくないでしょう。
さて、カンジダ症にはどうしてなってしまうのでしょうか。
男性器ならではのお話も交えてご説明したいと思います。

体の免疫力が低下しているときになりやすい

カンジダ症は、普段ならば悪さをしないカンジダというカビが私たちの体で悪さをすることによって発症する病気です。
普段は体の免疫機能によって、カンジダがやっつけられているものの、免疫力が低下しているときにはカンジダになりやすいと言われています。

 

不衛生な状態を続けるのが一番悪い

もちろん免疫力の低下だけではなく、不衛生な状態を続けることも一つの原因です。
通気性の悪い下着を着けたまま生活をしていれば、汗で男性器が蒸れてしまうでしょう。
これによりカンジダ菌が繁殖しやすい環境を創ってしまうことは珍しくありません。

 

特に包茎の人は注意しよう

男性器は人間の成長に合わせて「包茎」という状態から、皮がむけて亀頭部分が露出する状態になります。
ところが日本人男性の場合にはあまり亀頭部分が露出するような状態にまで至らないことが多くあるのです。
包茎の状態を続けておくと、亀頭の中が汚く不衛生な状態になってしまいます。
これを防ぐためにも、必ず毎日亀頭を洗ったり包茎を解消するような取り組みを始めましょう。

 

男性器を清潔に保つことはとても重要だ

カンジダ症の原因は男性器の中が不衛生になってしまうことです。
例えカンジダ症が治ったとしても、男性器を清潔に保つと言うことを忘れないでください。
治療のためにも予防のためにも重要になってきますからね。

カンジダ症は女性だけの病気ではない!男でもなることがある病気だ

関連記事

  1. カンジダ症は女性だけの病気ではない!男でもなることがある病気だ

    男性の体は、女性の体を元に作られています。 「どうして男はおっぱいもないのに、乳首があるのだろう…

PAGE TOP